メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文在寅氏の韓国

/上 自ら野党にあいさつ 低姿勢で融和模索

 朴槿恵(パククネ)前大統領の罷免に伴う韓国大統領選で、当選確定と同時に大統領に就任した文在寅(ムンジェイン)氏は初日から、異例づくしのスタートを切った。就任宣誓式出席のため国会議事堂に直行するとみられた大統領の車列が10日午前、ソウルの永田町と言われる汝矣島(ヨイド)で寄り道したのだ。向かったのは約9年ぶりに野党に転落した自由韓国党本部。ビルの壁面には、9日の大統領選で文氏に次ぐ支持を得た洪準杓(ホンジュンピョ)氏の顔写真が入った大きな横断幕がかかっていた。

 「我々は文候補の安保観を批判してきたが、国民が安心できるようにしてほしい」

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1138文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]