メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瑞風が走る

山陰の期待/7止 松岡JR西米子支社長 地域活性化目指して 日本の原風景再発見を /島根

瑞風の運行の狙いや期待を語る松岡俊宏・JR西日本米子支社長=松江市朝日町のJR西日本山陰地域振興本部で、長宗拓弥撮影

 豪華な内装やこだわりの食事、沿線の美しい風景--。JR西日本が6月に運行を開始する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」は、乗客に上質なサービスを提供するのと同時に、沿線地域の活性化へも大きな期待がかかる。JR西が昨年6月に発足させた山陰地域振興本部の本部長として観光資源の開発に取り組む松岡俊宏・米子支社長に瑞風の運行への狙いや思いを聞いた。【聞き手・長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1384文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです