メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文在寅氏の韓国

/中 南北緊張緩和が悲願

弁護士時代、事務所を訪れた母カン・ハンオクさんと文在寅氏(左)=文氏選対提供

 「朝鮮半島の平和定着のためなら、私ができることは何でもやる」。10日の大統領就任宣誓後の演説で文在寅(ムンジェイン)大統領は、南北関係改善への強い意欲を示した。朝鮮戦争で分断された南北間の緊張緩和は、望郷の念を抱く文氏の両親の悲願であり、文氏にも強いこだわりがある。

 両親は北朝鮮中部・咸鏡南道(ハムギョンナムド)の工業都市、興南(フンナム)の出身。文氏の自叙伝によると、興南には「文」姓の人々が集まる村がある。しかし、1950年6月に朝鮮戦争が勃発すると生活は一変。同12月、中国義勇軍が参戦すると、米海軍は艦船に多くの一般市民を乗せて韓国側に撤退した。文氏の両親はその中にいた。父は北朝鮮で共産主義組織への協力を拒否し続け、体制への拒否感もあり南行きを決意した。貧しい避難生活が始まった韓国南端の慶尚南道(キョンサンナムド)巨済島(コジェド)で文氏は生まれた。

 朝鮮戦争休戦から約20年たった72年。南北対話が活発化し、北朝鮮から代表団が訪れると父は「統一され…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1202文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]