メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ

東北の春 山形県 JR陸羽東線・堺田駅 ロマンある分水嶺 東西に分かれ太平洋と日本海へ /福島

JR堺田駅近くにある「分水嶺」=2016年6月

 山形、宮城両県境近くの奥羽山脈の尾根に位置するのがJR陸羽東線の無人駅「堺田駅」(山形県最上町堺田)だ。駅を出て北へ徒歩1分の距離に、水がそれぞれ日本海と太平洋に流れる分かれ目「分水嶺(ぶんすいれい)」がある。平らな場所にあるのは全国的にも珍しく、冬季を除いて県内外から大勢の観光客が訪れる。

 標高338メートルに位置し、地元の最上石で造った石碑がある。近くの大柴山から農業用水路を通った水は分水嶺で東西方向に分かれる。

 「この水の流れはいずれ太平洋と日本海に流れ着くのではと考えた」と話すのは駅近くに住む高嶋昭さん(8…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1168文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです