メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■パープルハンドJazzコンサート

     19日19時、赤坂区民センター区民ホール3階(港区・地下鉄青山一丁目駅)。トルコの公的機関で、同国の文化などを紹介しているユヌス・エムレ インスティトゥートが主催する。欧州で活躍するトルコ人ジャズグループ「パーフルハンド」が出演する。アルトサックス奏者のシナン・ケシキンを中心に2010年に結成。女性ボーカルのオズドール・デニスの歌声とメンバーの演奏の評価は高い。全席自由3000円。電話03・6452・9258

     ■モーツァルトアンサンブルオーケストラ 第33回定期演奏会

     28日14時、第一生命ホール(中央区・地下鉄勝どき駅)。演奏モーツァルトアンサンブルオーケストラ▽指揮藤原義章。1984年創立の小編成のアマチュアオーケストラ。東京都内を拠点に活動し、年1回の定演のほか、特別演奏会などを開いている。曲目はモーツァルト交響曲第41番「ジュピター」ほか。全席自由2000円。演奏会には視覚・聴覚障害者20人を招待。聴覚障害者のため座席の一角に音声磁場をつくり、補聴器を利用する人が演奏を聴きやすくなる磁気ループシステムを導入している。電話03・3410・5528

     ■魂の津軽三味線~高橋竹童

     20日14時、めぐろパーシモンホール小ホール(目黒区・東急都立大学駅)。津軽三味線演奏家の高橋竹童は大家、初代高橋竹山の最後の内弟子で、竹山の全国公演に同行し技術を磨いた。竹童の演奏は師匠の竹山と同様に叙情あふれる美しい音色が特徴。曲目は「津軽じょんから節」「おわら風の盆(胡弓)」ほか。全席指定3500円。未就学児入場不可。電話045・243・9999

    プレゼント

     ■小澤洋介 無伴奏チェロリサイタル

     27日19時、東京文化会館小ホール(台東区・上野駅)。小澤はオーストリアの音大を卒業後、同国のザルツブルク室内オーケストラの首席チェリストを務めた。1996年には米カーネギーホールで公演した。今回は無伴奏の名曲を3曲演奏する。曲目はコダーイ「無伴奏チェロソナタ作品8」ほか。全席自由4000円。

     ▼10組20人を招待

     往復はがきの返信用の面に郵便番号、住所、氏名、年齢を明記し〒359-0025埼玉県所沢市上安松1の19クライネス・コンツェルトハウス「無伴奏チェロリサイタル」プレゼント毎日係。20日必着。落選者にも特別優待券を送付する。電話04・2945・6326

     ■蕨フィルハーモニックウインズ 第26回定期演奏会

     28日17時、蕨市民会館コンクレレホール(埼玉県蕨市・JR蕨駅)。指揮花坂義孝。1985年に同市内の中学、高校の出身者で結成。現在は高校生から60歳代まで幅広い年齢層の約40人が所属している。2部構成で、第1部はシュトラウス2世の喜歌劇「こうもり」ほか、第2部はチャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」から「花のワルツ」、歌手の故美空ひばりの楽曲メドレーを披露する。入場無料。未就学児入場可。電話090・1618・9957

     ■和太鼓東京打撃団公演

     6月4日16時、江東区文化センター(江東区・地下鉄東陽町駅)。東京打撃団は1995年に結成。東京を中心に活動し、高い演奏技術と音楽性が評価されている。映画「のぼうの城」に出演したほか、人気ダンス&ボーカルグループ、EXILEの全国ツアーにも参加した。演奏は形式や慣習にとらわれず、新しい感性で和太鼓の世界を表現する。曲目は「華疾風(はなはやて)、「碧空(へきくう)」などを予定。全席指定一般3800円。未就学児入場不可。電話03・3644・8111

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
    2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
    4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
    5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです