メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

いじめ対策、実効性を=東京大教授、精神科医 佐々木司

 新聞やテレビのニュースで、児童・生徒のいじめ問題がまた目につくようになった。東日本大震災や原発事故の被災地から避難した子も含め、多くの子どもがいじめの被害に遭っており、中には自ら命を絶ってしまうケースもある。極めて残念なことだ。

 いじめは子どもに限らず大人でも、集団があればどこでも起こり得るし、昔からあった。だからといって「仕方ない」で済ませられる問題ではない。被害者が所属集団から抜けられない場合は特に深刻だ。学校に通う子どもたちはその典型で、クラスや学校は簡単に変えられず、逃げ場のない状況と言える。

 教員を含め多くの大人は、いじめを「生活指導上の問題」と考え、精神不調の重大要因であることは忘れがち…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです