メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jアラート使用せず 「飛来ないと判断」

菅官房長官

 菅義偉官房長官は14日午前8時すぎ、同日の北朝鮮の弾道ミサイル発射後2度目となる記者会見を行い、ミサイルは約30分間、約800キロ飛行したとの分析を発表。「日本に飛来しないと判断し、全国瞬時警報システム(Jアラート)は使用していない」と述べた。また「国民の生命と財産を守る準備はしっかり取っている」と強調し、「政府からの情報に注意し、落ち着いた行動を」と、国民に呼びかけた。

 ミサイルの種類や脅威のレベルが上がったかとの質問には「総合的、専門的に分析中」と述べるにとどまった。北朝鮮に対しては、米国、韓国のみならず「中国、ロシアとも協力を得て、(国際社会の)総合力で対応することが必要だと思う」と語った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市議 政活費を返還 今井絵理子氏の参院選応援か
  2. 記者の目 小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美(生活報道部)
  3. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  4. 変革 第4部 セブン&アイHD/15 聖域にメス 揺れる社員
  5. ホリプロ 仮処分申請 松居一代さんの行為巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]