メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大事なからだ

未病改善はじめよう/14 運動の「見える化」 歩数目標値が効果 /神奈川

ズボンのポケットに入れて携帯している活動量計

「活動量計」で競争意識も

 生活習慣の「見える化」が一つの大事なテーマになっているファンケル健康増進サービス。プログラムでは、運動の「見える化」に向け、1日ごとの歩数や消費カロリーなどが計測できる「活動量計」が配られた。記者たちにとって、この効果はてきめんだった。

 女性の歩数の一つの目標値は「1日8500歩」。宇多川はプログラム開始時、まずは無理なく「1日7000歩」を目標にしたが、開始約1カ月で平均約9000歩だったので、目標値を「平均1万歩」に改めた。

 たかが目標値、されど目標値で、「1万歩」という数字を掲げた効果は大きかった。

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです