メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森和彦・古代史の現場を撮る

/67 黒塚古墳/5 断ち割りで造営法判明 /奈良

石室の断面を探るために大きな溝が2本掘られている=奈良県天理市柳本町の黒塚古墳で1998年4月11日、森和彦さん撮影

 天理市柳本町の黒塚古墳からの出土品は、そうそうたるものだ。画文帯神獣鏡1面、三角縁神獣鏡33面のほか、刀剣類や大量の鉄の矢尻、土器など多くの埋葬品が出土した。しかも、多くが埋葬されたままの位置にあった。古墳は盗掘されることが多いが、残されていたのはなぜか。

 その謎を解く鍵は、竪穴式石室の壁の構造にあった。石を垂直に積み上げ、途中から板石を内側にずらして積み上げる合掌式で、中世の大地震で崩壊したらしく、大量の石が石室に崩落。このため、石室の底までは盗掘されずに済んだとみられている。

 1998年3月10日。日に日に気温が上がり、桜の花芽が膨らんでいた。調査は墳丘を断ち割って構造を調…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです