メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/上 好戦的な姿勢評価 日本人初のミドル級世界王者・竹原慎二さん

カストロ(左)を判定で破り、日本選手で初めて世界ミドル級王座を奪取した竹原さん=東京・後楽園ホールで1995年12月

 2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が20日、東京・有明コロシアムで世界ボクシング協会(WBA)同級王座決定戦に挑む。13年のプロ転向後、初の世界戦に向け「一歩踏み出す勇気」と意気込みを記した村田。王座を獲得すれば、日本選手では五輪メダリスト初の世界王者、22年ぶり2人目の同級王者が誕生する。ミドル級の世界戦の難しさと村田の4年間に焦点を当てる。【岩壁峻】

 過去に日本選手のミドル級世界王者は1人しかいない。日本選手初挑戦でWBA王座を獲得した竹原慎二さん…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです