メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/上 日本人王者過去1人 強豪居並ぶミドル級

 2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が20日、東京・有明コロシアムで世界ボクシング協会(WBA)同級王座決定戦に挑む。13年のプロ転向後、初の世界戦に向け「一歩踏み出す勇気」と意気込みを記した村田。王座を獲得すれば、日本選手では五輪メダリスト初の世界王者、22年ぶり2人目の同級王者が誕生する。ミドル級の世界戦の難しさと村田の4年間に焦点を当てる。【岩壁峻】

 過去に日本選手のミドル級世界王者は1人しかいない。日本選手初挑戦でWBA王座を獲得した竹原慎二さん…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです