メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙

医療費3231億円 14年度・厚労省推計

受動喫煙による医療費推計

 たばこを吸わない人が受動喫煙によって、肺がんなどになり余計にかかった医療費は2014年度の1年間で約3231億円にのぼることが、厚生労働省の研究班の推計で明らかになった。

 研究班は国の検討会が16年度に発表した「たばこ白書」で、受動喫煙と病気との因果関係が「十分ある」とされる肺がん、虚血性心疾患、脳卒中の3疾患について分析。職場や家庭での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や、喫煙の有無による病気のなりやすさなどを基に推計した。

 その結果、受動喫煙によって肺がんになるのは約1万1400人で約335億円、虚血性心疾患は約10万1400人で約955億円、脳卒中は約12万9600人で約1941億円だった。また受動喫煙による疾患で、患者が入院治療した場合、仕事の欠勤などによる生産性損失は年間約821億円だった。

 研究班は喫煙者の医療費も推計した。たばこを吸うことで胃がんや肺がん、虚血性心疾患などになって、かかる医療費は年間約1兆1700億円に上る。

 調査を実施した五十嵐中・東京大大学院特任准教授は「たばことの因果関係が確実な疾患に絞っても、これだけ大きな社会的損失があることが改めて示された。たばこに関しては経済損失だけでなく健康面への影響も大きいことを考慮して対策を検討することが必要だ」としている。【細川貴代】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  2. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
  3. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  4. オウム高橋被告判決 最後の法廷、謝罪なく
  5. ORICON NEWS マーク・パンサー、小室引退に戸惑い「グローブのともし火は消さない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]