メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

’17春/中 再び夢への一歩 父が導いてくれた

防潮堤に上った山本ヒデさん(左)と一慶さん。奥では新しい防潮堤の建設が進む=岩手県宮古市で、猪飼健史撮影

これまでの記事

 岩手県宮古市田老地区の消防団員、山本幸雄さんは49歳のときに東日本大震災で津波にのまれ、今も行方が分からない。長女の永都さんは看護師の母ヒデさんの背中を追い、震災翌年の春に関東の大学の看護学科に進んだ。都会になじめず、期待に応えられない孤独や焦りが募り、3年生の春に休学。故郷に戻って1年間、周囲から頼りにされる母の姿をみて「もう一度やり直したい」と復学した。山本さん一家の記事は今回で8回目。

 父の写真は6畳一間のどこからでも見やすいように、本棚の上に置いた。大学の看護学科を卒業した山本永都…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1416文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです