メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よみがえれ!鳥取城

研究室だより第16部/4止 鳥取市教委文化財課 西高との段差、植樹で修景 /鳥取

県庁から鳥取城跡を望む。天球丸の石垣の下、鳥取西高校の校舎が建ち並ぶ高まり(中央から右)が三ノ丸。右端のクレーン車のあたりに籾蔵が並んでいた=鳥取市で、園部仁史撮影

 鳥取城跡では、縄文時代から明治時代の土地利用の変遷を物語る遺物が出土している。久松山に向かって大手登城路の右側の一帯は明治時代に県有地となり、現在は県立鳥取西高校があるが、幕末には三ノ丸や複数の籾(もみ)蔵が建ち並ぶ光景があった。

 籾蔵は、鳥取藩が幕府から命じられたものとは別に、1823(文政6)年に独自の囲米制度(凶作に備えて籾などを備蓄する制度)を定めたことにちなむ。58(安政5)年の「鳥取城下全図」には三ノ丸の南側に「籾御蔵」が描かれている。

 鳥取西高の第2グラウンドは2009年度に市文化財団が発掘調査し、江戸時代後期の地層から8棟の建物の…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです