メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安倍改憲」を問う

/3 自衛隊明記、書き方大事 公明党・北側一雄氏(64)

=宮本明登撮影

 --安倍晋三首相の3日の憲法改正発言をどう評価するか。

 ◆あくまで自民党総裁として、党内の議論を加速させたいという思いを述べたと理解している。

 --2020年の改正憲法施行は可能か。

 ◆総裁が言ったのだから、自民党はそこに向けてやってくるだろう。しかし、実際に改憲案を議論するのは国会の憲法審査会であり、国会として初めから期限ありきではない。

 --9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持)を堅持したうえで、自衛隊を明記する案は受け入れられるか…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文956文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]