メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

眞子さまご婚約へ 「女性宮家」の議論加速を

 秋篠宮(あきしののみや)家の長女眞子(まこ)さまが大学時代の同級生と婚約される。天皇の子や孫の女性皇族の結婚は天皇、皇后両陛下の長女黒田清子(さやこ)さんの2005年以来となる。

     両陛下にとって眞子さまは初孫である。秋篠宮ご夫妻も公認している。心からお喜び申し上げたい。

     眞子さまは皇族が通ったことがない国際基督教大(ICU)に進学した。お相手の小室圭(こむろけい)さんとは大学で知り合った。ともに25歳である。

     戦後、女性皇族は旧華族の男性との結婚が多かったが、東京都職員と結婚した清子さんと同じくしきたりにとらわれない結婚となりそうだ。

     この慶事は同時に皇室の課題を改めて浮き彫りにする。

     皇室典範は、女性皇族が皇族以外の男性と結婚した場合は「皇族の身分を離れる」と定める。

     最近では14年に高円宮(たかまどのみや)家の次女典子(のりこ)さんが結婚に伴い皇籍を離脱した。眞子さまが結婚すれば皇族がさらに減ることになる。

     皇室を構成する天皇と皇族の計19人のうち女性皇族は14人だ。未婚女性は7人いる。全員が皇籍を離脱すれば皇室の先細りは避けられない。

     衆参両院の正副議長は3月、「女性宮家の創設」などについて「速やかに検討すべき」だとの共通認識に至ったと国会見解で明記した。

     歴史上、女性宮家が新たに作られた例はない。母方が天皇の血を引く女系天皇の誕生につながると反対もある。安倍晋三首相も皇位が男系継承されてきた伝統を重視する。

     安倍氏は以前、戦後に皇籍を離脱した旧11宮家の男系子孫を皇室に復帰させる案を示したことがある。しかし、旧宮家は皇室を離れて長く、世論の支持も得られないだろう。

     皇族の減少は、皇室の機能を弱めるだけでなく、将来的に皇室の存在すら危ぶまれる事態を招くおそれがある。政府の対応が遅れるほど状況は困難になる。

     天皇退位の有識者会議は先月の最終報告で皇族減少を「一層先延ばしのできない課題」と位置付け最優先の対処を求めた。退位特例法案はあすの閣議決定を経て審議が始まる。

     与野党は皇族減少に関する付帯決議の採択に向け調整中だ。女性宮家創設を含め政府に具体的な対応を求める内容とすべきだ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    2. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
    3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
    4. 自民・加藤氏 出産呼び掛け発言「全国から賛同あった」
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]