メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/下 勝って強さを証明 転向4年、コンビネーション磨き

日本の五輪メダリスト初の世界王者に挑む村田

 ボクシングの村田諒太(31)=帝拳=は日本選手の金メダリストとして49年ぶりに2度目の世界戦に挑む。1964年東京五輪バンタム級金の桜井孝雄が68年、ファイティング原田から王座を奪ったライオネル・ローズ(オーストラリア)に判定(十五回)で敗れて以来だ。2012年ロンドン五輪ミドル級金の村田はプロ転向後の4年間でどう変わったのか。

 華々しいデビューを飾った13年8月。東洋太平洋ミドル級王者に二回TKO勝ちした。「日本、東洋太平洋…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです