メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/下 プロ転向から4年 強打で前へ、原点磨く

 ボクシングの村田諒太(31)=帝拳=は日本選手の金メダリストとして49年ぶりに2度目の世界戦に挑む。1964年東京五輪バンタム級金の桜井孝雄が68年、ファイティング原田から王座を奪ったライオネル・ローズ(オーストラリア)に判定(十五回)で敗れて以来だ。2012年ロンドン五輪ミドル級金の村田はプロ転向後の4年間でどう変わったのか。

 華々しいデビューを飾った13年8月。東洋太平洋ミドル級王者に二回TKO勝ちした。「日本、東洋太平洋…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです