メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

講演で小野寺元防衛相「防衛難易度高く」

 自民党の小野寺五典元防衛相は17日、日本記者クラブで講演し、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルが高度2000キロを超えたことについて「ミサイル防衛の難易度が高くなった」と指摘した。

     そのうえで「撃つ前のミサイルを無力化するのが一番確実なミサイル防衛だ」と述べ、日本が攻撃される前に敵国の基地などを破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を早急に検討すべきだという見解を示した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
    5. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]