メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

講演で小野寺元防衛相「防衛難易度高く」

 自民党の小野寺五典元防衛相は17日、日本記者クラブで講演し、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルが高度2000キロを超えたことについて「ミサイル防衛の難易度が高くなった」と指摘した。

     そのうえで「撃つ前のミサイルを無力化するのが一番確実なミサイル防衛だ」と述べ、日本が攻撃される前に敵国の基地などを破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を早急に検討すべきだという見解を示した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
    2. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
    3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
    4. フィギュア 高橋大輔さん4年ぶり現役復帰へ「1年限定」
    5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]