メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

講演で小野寺元防衛相「防衛難易度高く」

 自民党の小野寺五典元防衛相は17日、日本記者クラブで講演し、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルが高度2000キロを超えたことについて「ミサイル防衛の難易度が高くなった」と指摘した。

     そのうえで「撃つ前のミサイルを無力化するのが一番確実なミサイル防衛だ」と述べ、日本が攻撃される前に敵国の基地などを破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を早急に検討すべきだという見解を示した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
    2. 寝屋川監禁死 インターホン電池抜かれたまま
    3. 相撲協会 二所ノ関親方は理事候補選挙立候補せず 
    4. 大雪 帰宅ラッシュに影響 JR東で入場規制も
    5. AV問題 動画削除も「気持ち晴れぬ」 55本出演の女性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]