メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲市場

30カ所中26カ所から基準値超の有害物質検出

土壌汚染対策検討の外部有識者の「専門家会議」

 東京都の豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策を検討する外部有識者の「専門家会議」(平田健正座長)が18日、中央区の築地市場で開かれ、都は4月の地下水モニタリング調査で、30カ所中26カ所から国の環境基準値を超える有害物質が検出されたと報告した。地下水から揮発する有害物質が地下空間に流入するのを防ぐ追加工事の費用を約40億~95億円と試算していることも明らかにした。

     地下水からはベンゼンが基準値の最大100倍、ヒ素が最大3・4倍検出され、「不検出」が基準のシアンも確認された。前回調査に比べ濃度が上昇した地点もあった。

     都は会合の資料で追加工事について、床面をコンクリートで補強する案と、特殊な遮蔽しゃ(へい)シートで覆う案を示し、費用は維持管理を含めコンクリートが40億~50億円、シートが85億~95億円とした。地下水の水位を下げる「地下水管理システム」の機能強化で汚染を浄化することも盛り込んだ。

     ただ、追加工事の審議に入る前に一部の傍聴者が、汚染を環境基準値以下に抑える無害化を巡り「約束をほごにするのか」と声を荒らげたことなどから、会合は途中で打ち切られた。会合後の記者会見で、平田座長は「(追加工事は)盛り土と同程度か、プラスアルファの効果をもたらすはずだ」と強調した。都の担当者も「都として(地下水の)環境基準を目指すスタンスに変わりはない」と述べた。【森健太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
    5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]