メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑後川水系

アユ漁解禁、太公望繰り出す 九州で最も早く

アユ漁が解禁され、釣り糸を垂れる太公望たち=大分県日田市天瀬町で2017年5月20日午前7時9分、森園道子撮影

 福岡、大分、佐賀の3県境を流れる筑後川水系で20日、九州で最も早くアユ漁が解禁され、夜明けとともに太公望が繰り出した。

 上流の大分県日田市・天ケ瀬温泉街の玖珠川では、九州一円から駆けつけた友釣りファンがサオを並べた。水温が低く、濁りもあるためか釣果は今一つ。午前9時までに最長18センチのアユ12匹を釣り上げた大分市の中城宣二さん(75)は「日が高くなれば、もっとよく釣れるはず」と話した。

 日田漁協によると、2013、14年度のアユ漁獲量は危機的な不漁に見舞われた。このため、鹿児島県の海産稚アユや人工養殖した若い世代のアユを放流し、15年度約58トン、16年度約48トンと劇的に回復した。今季は不漁の海産ものを入荷できず、人工養殖もの計106万匹を放流。「型は小さめだが、数は釣れそう」(手島勝馬組合長)とみている。【楢原義則】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
  4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
  5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]