メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白いナマコ

“幸せ呼ぶ”10万匹に1匹の貴重さ 

うみたまごで展示されている「白いナマコ」=大分マリーンパレス水族館うみたまご提供

 大分市の大分マリーンパレス水族館うみたまごで「白いナマコ」を展示中だ。10万匹に1匹という貴重さで「幸せを呼ぶ」と言われることもあり、来場者の関心を集めている。

 「多様な生態コーナー」で展示。飼育員の今井謙介さん(45)によると、白いナマコは、体色が赤や黒のマナマコと同じ種類だが突然変異で生まれつき色素がない。全身真っ白な個体は珍しいという。体長15~20センチ、重さ約300グラム。成熟した雄らしい。4月19日、佐伯市大入島近くの海で貝を採っていた漁師が見つけた。

 ナマコは、水温が15度を超えると活動を一時停止する「夏眠(かみん)」状態になるため、展示は5月いっぱいの予定。現在、夏眠に向けた寝場所を探し、水槽内を動き回っているという。

 今井さんは「ゆっくり動く様子を見て癒やされてほしい」と話す。【安部志帆子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
  4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
  5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]