メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度咲け・ひまわり

/下 「緩やかな見守り」で再出発 「続けること」を重視 /鳥取

新ひまわりシステムが始まった4月、はがきを届けに出発する配達員=鳥取県智頭町で、小野まなみ撮影

 智頭町では現在、人口7360人の4割近くが65歳以上になり、高齢化が進んでいる。そこで、お年寄りの生活の変化に無理なく目配りができる、見守りのセーフティーネットを幾重にも設けている。

 例えば、近所の人が「愛の輪推進員」として高齢者や障害を抱える人たちを気に掛けたり、町から高齢者らに「お元気ですかメール」を送って安否確認する仕組みを導入したりしている。町社会福祉協議会の津田英樹事務局長(59)は「『緩やかな見守り』を重ね、どこかでひっかかるようにすることが大事だ」と話す。

 町で4月から始まった「新ひまわりシステム」は、その見守りの網をさらにきめ細かくするための試みだ。町…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです