メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/1 「象徴」実践と不可分 陛下の祈り、全身全霊

時代によって変わってきた天皇と国民の距離

日ごろから鍛錬

 天皇陛下は70歳を超えていた。毎年11月23日に行われる収穫に感謝する新嘗祭(にいなめさい)で、祭祀(さいし)を執り行う神嘉殿(しんかでん)に向かって陛下が回廊を歩いていく時のことだった。装束を着け、斜め後ろから見ていた当時の侍従長の目に、奥歯をぐっと強くかみしめるような非常に厳しい陛下の表情が映った。

 陛下は日ごろは侍従らにも、被災地訪問などで国民と話す際と同様の温和な表情で接する。それだけに、元侍…

この記事は有料記事です。

残り2619文字(全文2829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです