メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

中東編/上 「和平合意は難しい」 トランプ効果、交渉再開は可能 ダニエル・シャピーロ氏 前駐イスラエル米大使

ダニエル・シャピーロ氏

 【エルサレム大治朋子】アラブ諸国との連携を強化し、イスラエル、パレスチナによる中東和平進展にもつなげたいと意欲を示すトランプ米大統領。専門家はどう見ているのか。2011年8月から今年1月まで駐イスラエル米大使を務め、現在はイスラエルのシンクタンク「国家安全保障研究所」(INSS)上級研究員のダニエル・シャピーロ氏が19日、インタビューに答えた。

 トランプ政権の中東和平に関する方針は、米国の(伝統的)方針に回帰している。つまり、(パレスチナ国家…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1175文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]