メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

中東編/中 米政権、同盟重視の構え ヤアコブ・アミドロル氏 イスラエル情報機関「国家安全保障会議」元議長

威信回復狙いシリア空爆

 トランプ政権はイランの危険性を理解しており、今回の訪問で米国と同盟関係にあるイスラエル、他のアラブ諸国を(イラン敵視で)まとめられれば中東情勢に変化をもたらすことも可能だ。オバマ前政権は同盟関係にあるエジプトやトルコを(人権問題などを指摘して)軽視し、イスラエルは(1期目に訪問せず)無視した。だがトランプ政権は同盟関係を重視する構えだ。

 また(化学兵器を理由とする)シリア空爆や北朝鮮への(強硬)対応は、オバマ前政権が失った国際社会にお…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文625文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]