メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大事なからだ

未病改善はじめよう/15止 プログラム最終面談 必要な習慣身につけ /神奈川

健康運動指導士の小野さん(左)との最終面談で、分析シートを使いながら目標達成を確認する太田

「健康づくりは生きている限り続く」

 記者たちが日々の食事、姿勢、運動習慣などの改善を目指し体験してきたファンケル(横浜市中区)の企業、団体向け健康サポートプログラム「ファンケル健康増進サービス」。約4カ月のプログラムが終わり、体験を振り返ると、今後の暮らし方、働き方につながる気づきがあった。

 メタボリックシンドローム予備群からの脱却を目指した太田のプログラムは、4カ月で約8キロの減量という成果を上げることができた。「しっかり食べてしっかり動く」を基本に、食事、健康食品、運動、歩数など5項目について必要な習慣を目標として掲げ、すべてクリアできた。

 まず食事を振り返ると、朝食に野菜を食べる習慣ができたことで「1日1食、野菜を食べる」という目標を達…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1742文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです