メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「星月夜(ほしづきよ)」とは…

 「星月夜(ほしづきよ)」とは星と月の出ている夜ではない。星の光が月のように明るく見える夜のことである。今や多くの人にとって想像するのも難しかろうが、天文随筆家の野尻抱影(のじりほうえい)は戦時中の東京の星月夜をこう記す▲「警戒管制の暗闇で、江戸時代の夜でもこうは暗くなかったろう……息を詰めている頭の上で、天の川が銀色の煙幕を引いたように輝いて、仲間の鉄かぶとにもその光が映っていた。あまりに明るくて、全市がそれに曝(さら)されていると思うと、不気味なくらいだった」▲欧米の研究チームの「世界の夜空の明るさ地図」によると、今では日本人の7割は人工の光の影響で天の川が見えぬ場所に暮らしているという。子どもに七夕の物語を聞かせるのはいいが、天の川の説明に窮する方も多いに違いない▲人工光で夜空が照らされ、星が見えなくなったり、生態系に影響を与えたりする「光害」である。とくに近年普及してきた白色発光ダイオード(LED)灯は従来の街灯のナトリウム灯より約2・5倍も夜空の明るさに影響するそうだ▲そこで各地の星空の見やすさをランク付けし、自治体に光害対策を促す環境省のアイデアである。当面はデジタル写真で星の見え方を比較するための統一基準作りを行う。結果次第では「星月夜の町」という観光PRもできるわけだ▲「真砂(まさご)なす数なき星の其(そ)の中に吾(われ)に向ひて光る星あり」は正岡子規(まさおかしき)の歌である。せっかくあなたのために光ってくれている星もあるのに、もしや今まで見逃していないか。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです