メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

審判側から情報公開 背景、ルールへの理解深める Jリーグ判定説明会

報道向けの判定説明会で動画を見ながら解説する上川徹・日本サッカー協会審判副委員長(右)=いずれも大島祥平撮影

 日本サッカー協会審判委員会は今季から、Jリーグの試合後に判定についてクラブと審判が意見交換する場を設けたり、報道向けに定期的に判定説明会を開いたりと、新たな情報発信に取り組んでいる。判定の背景やルールなどへの理解を深めてもらうとともに、審判技術向上につなげるのが目的だが、審判側からのここまで積極的な情報公開は世界的にも珍しい。積極的に「相互理解」を深めようとする狙いと、その根底にある思いとは。【大島祥平、福田智沙】

 「非常に難しい場面の映像を2回、3回と見るとまた違った見方になる。この映像はクラブにも配信し、強化…

この記事は有料記事です。

残り2697文字(全文2957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです