メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/5止 国家戦略特区諮問会議議員・竹中平蔵氏 リスク負い革新を

国家戦略特区諮問会議の民間議員を務める竹中平蔵・東洋大教授=東京都千代田区で、中村藍撮影

 国家戦略特区諮問会議の民間議員を務める竹中平蔵・東洋大教授が毎日新聞のインタビューに応じ、人口減や技術開発競争に対応するため、一層の規制改革が必要との認識を示した。【聞き手・吉永康朗、写真・中村藍】

 --規制緩和の現状をどう評価する?

 ◆目に見えた進捗(しんちょく)がある。株式会社による実質的な農地所有の実現は「岩盤規制の中の岩盤」に穴が開いた象徴で、グッドスタートだ。ただ、規制改革は効果が出るまで時間がかかる。生かされていない改革メニューも多く、特区の活用には自治体の首長の決断が重要だ。

 --民泊、ライドシェアなどITの活用で遊休資産を共同で使う「シェアリングエコノミー」は進んでいるか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです