メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

規制緩和の現場/5止 国家戦略特区諮問会議議員・竹中平蔵氏 リスク負い革新を

国家戦略特区諮問会議の民間議員を務める竹中平蔵・東洋大教授=東京都千代田区で、中村藍撮影

 国家戦略特区諮問会議の民間議員を務める竹中平蔵・東洋大教授が毎日新聞のインタビューに応じ、人口減や技術開発競争に対応するため、一層の規制改革が必要との認識を示した。【聞き手・吉永康朗、写真・中村藍】

 --規制緩和の現状をどう評価する?

 ◆目に見えた進捗(しんちょく)がある。株式会社による実質的な農地所有の実現は「岩盤規制の中の岩盤」に穴が開いた象徴で、グッドスタートだ。ただ、規制改革は効果が出るまで時間がかかる。生かされていない改革メニューも多く、特区の活用には自治体の首長の決断が重要だ。

 --民泊、ライドシェアなどITの活用で遊休資産を共同で使う「シェアリングエコノミー」は進んでいるか…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです