メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果てなき道

神戸小学生連続殺傷20年/中 医療少年院の模索 矯正に被害者視点

体育館でバレーボールをする在院者=東京都府中市の関東医療少年院で、佐々木順一撮影

 「届くよ!」「あー、ごめん」。坊主頭の少年らが体育館でバレーボールを追い掛ける。東京都府中市の住宅街にある関東医療少年院。ジャージー姿で声を掛け合う光景は高校の授業のようだが、見守る小野田悟次長はつぶやいた。「みんな、外見では分からない複雑な問題を抱えている」

 心身に病気や障害を持つ非行少年を収容する第3種(医療)少年院は全国に2カ所のみ。医療法上の病院で、治療と矯正教育を並行して行う。1990年代までは身体、精神疾患が半々だったが、現在は自閉症や薬物依存などの精神疾患が7割。虐待を受けた少年も多い。少子化や非行減少で入院者は減り、現在は14~21歳の男女20人が入る。

 教育では、非行内容に応じた体系的なプログラムを施す。ロールレタリング(役割交換書簡法)と呼ばれる手…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1050文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]