メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人 番外編 柿本人麿 雪舟等楊 先人にあやかりたくて /島根

 ふるさと益田に帰るとき、いつもながら山陰線の車窓風景に旅情をそそられます。益田の海岸は、東は鎌手の岬から、西の山口県須佐の高山(こうやま)まで湾曲し、イタリアを旅したとき見たナポリ湾の景色がよみがえります。高山はさながらベスビオ山です。列車が、久城(くしろ)台地を走り抜けると、車窓から益田平野が望まれます。遠く青野山(あおのやま)、大道山(おおどうやま)、そしてなだらかな山々が高山へとつづきます。この景色を柿本人麿、雪舟等楊は目におさめ、あくことない眺めだから、ここを終(つい)の住処(すみか)としたのです。

 私たち益田の子は、日本最高峰の歌人と画僧を、幼いころから「人麿さん」「雪舟さん」と親しみをこめて呼…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1436文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]