メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

中東編/下 和平への障害、理解不足 ハリル・シカキ氏 パレスチナ政策調査研究センター代表

 パレスチナ自治政府のアッバス議長らはトランプ米大統領とワシントンで会談し、米新政権は中東和平や自治政府を見捨てないと自信を持てたようだ。

 ただこの感覚は大半のパレスチナ市民と共有されていない。4分の3以上は、トランプ氏はイスラエル寄りだと感じ、和平交渉を再開できると思っているのは2割以下だろう。

 トランプ氏が、中東和平で直面するであろう障害の深刻さを十分理解しているとは思えない。双方が帰属を争うエルサレムの問題や、ユダヤ人入植地、(将来、独立国家になるかといったパレスチナ…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです