メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果てなき道

神戸小学生連続殺傷20年/下 社会動かした声

 数メートル先に座った少年の背中を傍聴席から見据えた。「無念は晴らすよ」。傍らに置いた息子の遺影に語り掛けた。昨年1月、神戸家裁尼崎支部の審判廷。兵庫県尼崎市の主婦、山内千恵子さん(54)は被害者遺族として少年審判を傍聴した。

 次男の美輝(よしき)さん(当時16歳)は2015年3月、同市内の踏切で命を落とした。オートバイで並走した同級生の少年(同16歳)に乗っている自転車を押され、電車にはねられた。「怖い、怖い」と叫びながら50キロ近い速度で突っ込んだという。

 逮捕された少年の審判に向け、千恵子さんは陳述書を書いた。「まだ命の尊さを分かっていない。ちゃんと罰…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです