メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(14)移民ディナーの日

「移民ディナーの日」で提供される9カ国の料理。(右上のピザから時計回りに)トルコのピザ、アフガニスタンの豆、レバノンのオクラ、イランのナス、シリアのひき肉焼き、アルメニアのビーフ、モロッコのタコことサーディン、イスラエルのジンベースのカクテル=米ロサンゼルスで、長野宏美撮影

 料理を食べて、移民への理解を深めよう--。ロサンゼルス北郊の地中海料理店「momed(モメッド)」が5月の毎週水曜日を「移民ディナーの日」として中東など9カ国の料理を提供している。米国では移民に厳しい政策をとるトランプ大統領が誕生し、移民への風当たりが強まる一方で多様性の重要性を訴える声も高まっている。同店を経営するイラン移民のアレックス・サルキシアンさん(56)に狙いなどを聞いた。

 5月の第3水曜日、映画の街ハリウッドから東に約10キロに位置する同店を訪れた。パラソルの並ぶテラス…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文911文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです