メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/26 独ソ不可侵条約 背景に「二正面」の呪縛

独ソ不可侵条約に署名するモロトフ・ソ連外相を見守るリッベントロップ独外相(後列左)とスターリン

ポーランド侵攻にらむ極秘交渉 権力外交の「裏切り」象徴

 1939年5月、満州国(現中国東北部)とモンゴルの国境地帯で日ソ両軍が衝突したノモンハン事件に先立ち、欧州ではナチスドイツがベルサイユ条約で領土を割譲したポーランドへの侵攻準備を進めていた。同年3月末、英仏はようやく対独宥和(ゆうわ)政策を改め、ポーランドに対する援助を表明した。前年9月のミュンヘン協定による英仏・独伊の一時的和解は崩壊した。

 ソ連の指導者スターリンは39年3月の共産党大会で「宥和政策はファシズムの侵略をソ連に向けるもの。我…

この記事は有料記事です。

残り1732文字(全文1982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです