メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

コミュニティースペースを開設 田中昭子さん /鳥取

コミュニティースペース「ほっとここ」を開設し、代表を務める田中昭子さん=鳥取県倉吉市で、阿部絢美撮影

「地域のだんらん」育てる 田中昭子さん(68)

 倉吉市越殿町に昨年12月、子ども食堂を兼ねたコミュニティースペース「ほっとここ」をオープンした。きっかけは、市内で運営する学習塾に通っていた、ある小学校中学年の女児との出会いだ。

 父親と離れて暮らし、母親も仕事に忙しかったせいか甘えたがりな子だった。でも塾には他の児童もおり、特別扱いできない。「寂しいとき、話し相手がほしいとき、誰もが気兼ねなく集まれる場所さえあれば」。そんな気持ちは日増しに高まり、ついには自分で作ろうと決意。昨年8月、病院だった建物を借りて改装を始めた。

 だが、完成が近づいた昨年10月21日、市内を震度6弱の揺れが襲った。玄関の壁ははがれ、屋根の瓦も崩…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです