メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

G7サミット

サーシャ・アイゼンバーグ氏

 イタリア南部シチリア島で26日開幕する主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)。日米欧の首脳が胸襟を開いて、直面する課題を話し合う年に1度の国際舞台だ。トランプ米大統領の言動や英国の欧州連合(EU)離脱決定、ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭と国際社会の波は高い。見どころは? そして主役は誰か。

注目のトランプ氏「出演」 サーシャ・アイゼンバーグ 米政治ジャーナリスト

 主要7カ国(G7)には中露など米国と複雑な問題を抱える大国が入っておらず、米国ではそれほど関心を集める会合ではない。二昔前と違ってG7首脳会議(サミット)は国際社会における「最高意思決定の場」ではなくなっている。ただ、今回はトランプ米大統領が「出演」するため注目されている。主役はトランプ氏だ。

 トランプ氏の今回の外国訪問は歴代大統領と異なる。大統領が初外遊先として貿易などで火種を抱える隣国の…

この記事は有料記事です。

残り4197文字(全文4579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです