メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「おれも力が抜け果てた…

 「おれも力が抜け果てた。これではもう酒ばかりのんで死ぬだろう」。これは鬼平(おにへい)こと長谷川平蔵(はせがわへいぞう)が一向に昇進できぬ塩漬け人事を嘆息した言葉だ。このグチ、時の老中、松平定信(まつだいらさだのぶ)にひそかに報告されている▲「よしの冊子(ぞうし)」とは定信が家臣の隠密から集めた幕府の役人らの動静や風聞、世相一般の極秘記録である。なかには収賄などの情報や醜聞もあるが、摘発が主な目的ではなく、情報は政治的に利用されて定信の権力を裏側から支えた▲もしや今も似たような冊子があるのか。「総理のご意向」文書は実在すると語った前文部科学事務次官の奇怪な醜聞だ。その出会い系バー通いが新聞で唐突(とうとつ)に報じられると、当人はすでに昨秋首相官邸から注意されていたと明かした▲その官邸は文書をろくに調べる気配も見せずに官房長官が怪文書扱いし、来歴を明かした前次官を口をきわめて攻撃した。文書の信頼性を否定したいのだろうが、そうまですれば逆に「なぜ?」との疑問をばらまいているようである▲そもそも政策決定がゆがめられた疑惑に対し、文書が「ない」やら「確認できない」のがありえない。役所の文書主義は意思決定の合理性・公平性を担保(たんぽ)する大原則で、今ではデータ保管に場所は要らず、削除後も多くは復元できる▲どんな怪しい意思決定も余人が後日検証できる策がなく、役人は政権中枢の意向のそんたくに必死で、逆らう役人は弱みを握られて葬られる……念のため言い添えるが、「よしの冊子」の時代のことである。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
    5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです