メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

英で浄瑠璃里帰り公演(その1) 即身仏に導かれて

 「日本のミイラ」という56年前に毎日新聞社から出版された本がある。

 おどろおどろしい書名だが、内容はれっきとした学術報告。「ミイラ博士」の異名を持っていた著者の安藤更生氏が特にページを割いたのが、新潟県長岡市の西生(さいしょう)寺に眠る日本最古の即身仏「弘智法印(こうちほういん)」だ。

 即身仏とは、人々を救済するための厳しい修行を積んだ末に瞑想(めいそう)状態のままミイラ化した僧侶で、全国に約20体が現存する。最古とされる弘智法印は生前、即身仏になるため腐りにくい体になろうと穀類を断ち、ササの葉の芯や野イチゴを食べ続けるなど3000日間にわたり修行。1363(貞治2)年に…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです