メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 特別編・世界戦を終えて 心の炎 むしろ大きく=村田諒太

 (カットは本人直筆)

 2012年ロンドン五輪ボクシングミドル級金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が、20日にあった世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦を終え、毎日新聞に手記を寄せた。今回は毎月第4水曜日掲載のコラム「改善主義」の特別編として、試合後の率直な心境を語ってもらった。

 エンダムとの試合では、多くの方々に応援いただき、ありがとうございました。また、世界タイトルを獲得することができず申し訳ございません。

 試合後、いろいろお声がけをいただきますが、判定に触れるのはあまりいい気持ちはしません。勝敗が大きく…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです