メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/6 畏れから尊敬へ 勤労奉仕、震災後に増加 国民、公務に感謝

各時代の皇居の開放度合い

 3月14日午後、皇居にある宮内庁舎脇の建物の中で天皇、皇后両陛下が「勤労奉仕」の参加者と面会された。勤労奉仕は皇居の清掃などをボランティアで行い、この日は6団体が参加した。両陛下は整列する各団体に「ご苦労さまです」「ありがとう」と声をかけて回った。

 地元農協の募集に応じ初めて参加した新潟県南魚沼市の駒形智枝子さん(63)は「両陛下はとても優しくて包み込むような温かい雰囲気だった」と振り返る。面会後に建物を出る際、皇后さまがよろけ、天皇陛下が素早く手を差しのべた。同じく初めて参加した南魚沼市の山崎輝代さん(63)は「両陛下の仲の良さが伝わってきた」と話す。

 皇居の勤労奉仕は、15~75歳の男女で構成する地域や職場の仲間同士などの団体(15人以上60人以内…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2147文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]