メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

問われる保育の質

 希望しても保育所などに入れない待機児童問題が注目されている。待機児童を減らすため、政府は保育士の配置基準を緩和するなどして受け入れ可能な「量」の拡大を目指しているが、一方で保育施設での事故なども懸念されている。子どもにとって大切な保育の「質」をどう確保すればよいのか。

ベテラン増やし水準向上 秋田喜代美・東京大発達保育実践政策学センター長

 海外の研究によると、乳幼児期に受けた保育の質や学びの体験は、その後生涯にわたってその人の発達に影響…

この記事は有料記事です。

残り4311文字(全文4531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです