メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ロウハニ流」の行方

イラン政権2期目/下 進む資源開発、遅れる雇用 制裁解除で存在感

 イラン大統領選を約1カ月後に控えた4月中旬、ロウハニ大統領はペルシャ湾岸アサルイエの沖合にあるガス田の拡張部分の稼働式典に出席し「きょうは歴史的な日だ」と語った。隣国カタールとの共同開発。核開発疑惑による経済制裁でスケジュールは遅れていたが、今回の稼働で、生産量は大幅に増加する見通しだ。

 地元メディアが報じた大統領の発言からは高揚感が伝わる。「経済制裁に立ち向かい、イランがどれほど忍耐強い国なのかを私たちは今日、目の当たりにしたのだ」

 イランは天然ガスの確認埋蔵量が世界1位、原油は4位(2015年、英石油大手BP調べ)という資源大国…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]