メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新世代大関・高安

大相撲/下 平成「下克上」世代 伸び盛り個性派ぞろい

夏場所千秋楽で照ノ富士(左)に敗れた高安。平成生まれ両大関のライバル争いが、新世代を引っ張る=渡部直樹撮影

 7月の名古屋場所番付で、高安と照ノ富士の平成生まれの出世頭が大関に並び立つ。夏場所の平成生まれは幕内42人中19人を占め、うち12人が勝ち越した。「平成新世代」が角界に地殻変動を起こしている。

 高安が6場所中5場所で2桁勝利を挙げたこの1年間、しのぎを削ってきた若手の活躍が光った。筆頭は、先場所から2場所続けて小結で勝ち越した御嶽海だ。平成4(1992)年生まれで高安より3学年下の24歳。母がフィリピン出身という共通点もある。夏場所では差して土俵際まで高安を寄り立てた。最後は首投げに屈したが、かいな使いと差し身のうまさ、足の運びの良さといった持ち味を発揮した。高安にはこの1年で2勝3敗とほぼ互角だ。

 「平成新世代」は3年前の新入幕で13勝の逸ノ城や遠藤が人気復活に火を付け、2年前の照ノ富士の幕内優…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1126文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]