メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

番付に「張出」の復活を=武藤久

 夏場所前に元横綱で最高齢だった佐田の山の市川晋松さんが79歳で亡くなった。2010年には初代若乃花が、その後隆の里、大鵬、北の湖、昨年は千代の富士と毎年のように大相撲史に名前を刻んできた横綱が鬼籍に入り、寂しい限りだ。

 佐田の山は細身の体で柏戸、大鵬のいわゆる柏鵬時代に割って入った横綱。在位19場所、柏鵬より後に横綱になり先に引退したが、2場所連続優勝した翌場所途中で引退。潔さが印象に残る横綱だった。

 現役時代で思い出すのは1961年夏場所の最初の優勝だ。この時4日目に十両の清ノ森と対戦して敗れなが…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです