メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5月のニュースファイル(2017年7月号より)

■天皇陛下の退位、特例法案を閣議決定

     政府は5月19日、天皇陛下の退位を実現する特例法案※を閣議決定*しました。国会で成立し、新たな法律となります。

     法案は、趣旨として「天皇陛下が高齢になられ、今後の活動を続けることが困難になることを深く案じておられる」と明記し、「国民は陛下のお気持ちを理解し、共感している」と続けました。

    ■称号は「上皇」に

     退位した天皇の称号は上皇で、きさきは上皇后となります。上皇の葬儀や墓所は天皇の例にならい、再び即位することはありません。

     天皇陛下は83歳。この法律が施行される日に退位し、皇太子さまが即位します。退位の日は2018年12月末が有力で、新元号とともに来年決まります。

    ※すでに法律で定められていることがらを特別な場合に限って変更する法律を特例法という。

    *閣議決定……国政の大事なことがらについて内閣全体で決定すること。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米イージス艦衝突1週間 回避義務が焦点、究明長期化も
    2. シリア 主導権争い激化 米露の視野に「IS追放後」
    3. 陸上 日本選手権男子100 10秒05サニブラウン初V
    4. 給食 調理ミス多すぎ…4月委託の業者解約 春日部市
    5. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]