メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

レンガを英語でブリックというが…

 レンガを英語でブリックというが、ゴールド・ブリック、つまり金のレンガとは詐欺やペテンをあらわす米国英語である。ご推察通り、ゴールドラッシュの時代にニセの金塊を売りつける詐欺が頻発したのだ▲OK牧場の決闘で名高い保安官ワイアット・アープは西部劇では正義漢だが、この金塊詐欺に手を染めている。保安官としてだまされやすい人が多いのを見ていて、保安官よりいい商売と思ったらしい。これも金塊の呪(じゅ)力(りょく)のしわざか▲で、最近なぜか金塊をめぐるニュースが多いなと思っていたら、今度は佐賀県唐津市沖で金塊と見られるもの206キロを積んだ漁船が見つかった。海上保安部は密輸とみて、日本人や中国人8人を関税法違反の疑いで逮捕したという▲金塊なら10億円相当だが、この手の金塊密輸は近年急増しているという。金を正規に国内に持ち込むと消費税分8%を支払う必要があるが、密輸して転売すれば消費税分がもうけになる。目立つのは韓国から九州へのルートだそうな▲先日容疑者が逮捕された昨夏の福岡での金塊盗難、同じく今春の金塊取引用現金強奪など、何やら「黄金狂時代」という映画の題名が頭をよぎる事件続発だ。知らぬ間に金塊とその情報が行き交う闇がこの社会に生まれているらしい▲古代中国の「列子(れっし)」の話である。大勢が見ているなかで金を盗んだ男が捕まり、尋問に「金だけ見え、人は見えなかった」と答えた。「金をつかむ者は人を見ず」で、時空の壁もたやすく超える金塊の呪力だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
    2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
    5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです