メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/9 皇族の歌、世につれ変化 市井と互いに影響

 皇室の看板はさまざまな分野で力を発揮している。天皇杯などは授与された競技・団体の権威付けになるが、同時に国民に皇室をアピールする役割も果たす。

 和歌も皇室の影響を受けているものの一つだ。広く知られているのが、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」。天皇、皇后両陛下、皇族の歌と一般の応募から選ばれた歌が披露される。

 起源は遅くとも鎌倉時代中期とされる。1874(明治7)年からは皇族や側近などに加え、一般国民も参加…

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2099文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです