メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

認知症国際会議 声上げる当事者=野口由紀(京都支局)

ADI国際会議で拳を突き上げる丹野智文さん(右端)ら=京都市の国立京都国際会館で4月28日、小松雄介撮影

希望、尊厳 失わぬ社会を

 京都市で4月下旬に開催された認知症に関する世界最大の会議「第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」には78カ国から約4000人が参加し、認知症当事者は過去最高の約200人にも上った。実名を公表して意見を語った人も、前回京都で開かれた2004年には2人だったのに、今回は十数人。当事者自身が声を上げ、ともに生きる新しい時代の到来を印象付けた。だが、当事者の話を具体的に施策や地域づくりに生かすためには、社会全体でさまざまなスキルアップが必要だとも感じた。

 認知症の人は国内で約462万人(12年)、25年には700万人前後となるとの推計がある。誰もが認知…

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2039文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです